シリコンでの型取りに挑戦(1)

粘土で作った骸骨さんに筋肉とか付けたいと思いましたが

せっかく作った骸骨も残したいと思い

骸骨さんを複製することにしました。

 

というわけで型取りについてネットで情報収集

どうも一番簡単なのが切り裂き法(型?)のようだったので

それで挑戦することに。

今回の方法の欠点はシリコン代が馬鹿にならないこと。

しかしまぁ今回は初めてなので初期投資、勉強代と思いシリコンをamazonでポチポチ買いました。

 

そしてイザ!!型取り!!

揃えた道具!!バケツは使わなかった!!

tools01

まず、プラスチックボックスにブリキで仕切りをつけて頭蓋骨さんに程良い大きさにします。

つぎに、シリコンを筆で頭蓋骨に薄く塗って気泡とかが入らないようにします。ヌリヌリ

塗り終わったらボックスに頭蓋骨を入れ、シリコン注入。

inthepool03

うむ、仕切りから漏れも無く順調、順調

続けてシリコン注入~

 

。。。。。。。

 

 

 

rescue05

 

浮力で原型が、シリコンの海から浮いてきて、それをどうにか沈めようと、あれこれしていたら、仕切りが、決壊しました。。。

8,000円のシリコンが、ぱぁ。

 

パァ!!

 

rescue02

救出した頭蓋骨さん↑

 

と言うわけで大失敗に終わりました。

 

次回リベンジです。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です